スワンレイクビール/スワンレイクポーター

スワンレイク_スワンレイクポーター

スワンレイクの年越しセットのトリの銘柄。
スワンレイクポーター。
前回までのスワンレイクはどれも気に入っていたので、
これにも期待しながら飲んでみた。

強いカラメル香。色も漆黒。
主張するコクと苦味。
しっかりとしたポーター。
でも、後味はスッキリしている。
スワンレイクのビールはどれもそれに気をつけて作って
いるような気もする。
印象は良い。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

Hovels Original

Hovels Original (2)

ヘーベルス・オリジナル。
ホップの豊かな香り。
口に含むなり、苦い、と思う。
ホップが効いているビールは嫌いじゃないのだけれど、
主張が効きすぎていて、全体のバランスを壊している気がした。
しかも、何故か「薬臭い」苦さに思えてしまった。

最初は久しぶりに無星のビールかな、と思ったのだけれど。
飲み進むうちに、印象が変わる。
角張っていただけの苦さが、全体を覆う。
飲んでいくうちに、マッチするのだった。
この苦さがあっての、このビールの味なのだと思った。
これはこれでアリ。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

スワンレイクビール/越乃米こしひかり仕込み

スワンレイク_越乃米こしひかり仕込み

スワンレイクの「越乃米こしひかり仕込み」。
実はこれを一番楽しみにしていた。
製造過程でこしひかりを加えるのだという。
そのせいか甘さを感じさせるラガー。
苦味は少なくスッキリしている。
麦芽を使うよりもコメの方がスッキリするのかな。
これも美味しい。


★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

スワンレイクビール/スワンレイク・エール

スワンレイク_スワンレイク・エール

スワンレークの「スワンレイク・エール」。
ゴールデンエールをさらにクリアにした感じ。
ライトなエール。
苦味もコクも甘さもあるけど、全てがバランスよく軽快。
味わいながらもゴクゴク飲みたい感じ。
旨い。


★★★★★


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

スワンレイクビール/アンバーエール

スワンレイクビール_アンバーエール

スワンレイクビールのアンバーエール。
一言で言えば「芳醇」。
かなりのコク、苦味も強くパンチがある。
カラメル香も強い。
でも嫌な感じはしない。
主張はあるけど嫌味はない。
これも好印象。


★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

スワンレイクビール/ゴールデンエール

スワンレイクビール_ゴールデンエール

年越しセットをお取り寄せ。
年越しを待てずに開栓。
まずはスワンレイクビールのゴールデンエール。

上品な上面発酵ビール。
スッキリしていて飲みやすい。
だからといって、物足りなさもなく、甘さや苦味もバランス良し。
金色も鮮やか。
かなり美味しいです。


★★★★★


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

SUPER BOCK STOUT

SUPER BOCK STOUT

スーパーボックのスタウト。
これも色どおりの味かな。
濃いなぁ。カラメルも効いている。
ゆっくりと味わいながら飲むにはいいのかも。
おそらくスタウトとしては、まとまっている味だと思う。
でもやはり好みじゃないなぁ。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

SUPER BOCK ABADIA

SUPER BOCK ABADIA

ポルトガルのビール。スーパーボック・アバディア。
アビービールらしく、フルーティで芳醇な味。濃厚。
ま、見た目の色どおりの味とも言える。
個人的には、その味の厚さが気になる。
アルコール臭が薬臭く感じてしまう感じ。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

BEL WHITE / BEL PREMIUM

BEL WHITE

■BEL WHITE

ほのかなフルーティな香り。
思っていたよりもスパイシー。酸味もある。
でも嫌な味じゃない。飲みやすいベルジャンホワイト。
原材料を見ると…スピリッツって書いてある…。
ま、美味しければそれでもいいか。


★★★★☆


BEL PREMIUM

■BEL PREMIUM

ま、これも飲みやすい。
「BEL WHITE」と比べれば濃厚、ゴールデンエールの味がする。
黄金色の姿も含めて、よく造ってあるなという印象。
これも原材料は発泡酒とスピリッツ。
ビアカクテル的なモノなのかなぁ。
ま、不味くはないけど。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

懺悔のカウンター

丸ノ内で所要があった。
解放されたのは午後6時ちょっと前。
少し迷ったが、既に何度か行っているビアバーに行くことにした。
いつも混み合っていて、一人で行っても入れないこともある店なのだが、
この日は平日の早い時間だったので、ひどく空いていた。

テーブル席には誰もおらず、客はカウンターに一人だけ。
先客に遠慮したわけではないが、カウンターの反対側に座る。
カウンターの向こう側の店員さんを伺う。
とりあえずの1杯目とアテをフロア側からオーダーした。
フロアの反対側を振り返ると、いわくの木の樽が…まだある。

やがて先客が店を出る。
店内の唯一の客となってしまう。
カウンターに座っているものの、向こう側からいじられることもなく。
微妙な緊張感が漂うのは気のせいか。
3杯目、勇気を出してフロアの樽を指さして、それをオーダーした。

「止めといた方がいいですよ。今日も栓を抜いてからだいぶ経ってる」

やはり、覚えてられていた…。
前回来た時、そのビールを酷評したのだった。
酔っていた。その酷評が必要以上だったと気づいたのは、家に帰ってから。
何せ、隣にいた見ず知らずの客にも飲ませて、感想を求めたほど。
カウンターの向こう側ではどう思われていただろうか。
それを考えると、しばらく店に顔出せないかもしれないな、と思うほど。

そのビールをあえて頼む。
むしろ、それを飲むのがこの日の目的なのだ。
やがて運ばれてきたのは、琥珀色の気の抜けたビール。炭酸感は皆無。
ただし、味は濃く深い。しっかりとした苦味。甘さとのバランスもいい。
もともと炭酸の薄いビールだが、開栓してからはさらに抜けていく。
炭酸は僕にとって重要な要素。
前回はそれが気に入らなかったのだと思う。

改めて飲む。
イギリスのパブで飲めば温くて気の抜けたビールが出てくるのは当たり前。
酵母が麦汁を栄養にアルコールを作るときにできるのが炭酸ガス。
もともとが副産物なのだ。
今回は旨いと思う。十分に。

カウンターの向こう側へ、素直に前回の件を詫びる。
人それぞれ好みがありますから、と笑って言ってもらえた。
もう一杯だけ飲んで、チェック。
会計の時、また来てもいいですか?の意を込め「また来ます」と言った。
「どうぞ、お待ちしております」の言葉を背に店を出た。

居心地のいいカウンターだ。
ぜひまた行きたいと思う。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

プロフィール

BeerLife

Author:BeerLife
自分の備忘録代わりに書いています。
ビールの味の感想は完全に独断。
好きなように書いていますので、ご覧になっても参考にならないかもしれません。

リンク
ランキング
クリックいただければ嬉しいです。m(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

最新コメント
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
AX