Two Kilts CRYSTAL SUNSHINE

Two Kilts CRYSTAL SUNSHINE

Two Kilts CRYSTAL SUNSHINE

「India Style Session Lager」とある。なるほど。
ホップの芳香。すばらしい。
一口目美味しい。でも後味に少し違和感。
グレープフルーツのような甘さと苦味。
それが悪いわけじゃないけど、個人的にはもうちょっと切れ味が欲しいかな。


★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

オリオンビール/琉球ホワイト


オリオンビール 琉球ホワイト


オリオンビール 琉球ホワイト

昨日飲みに行ってて、komugiで美味しい小麦系ビールを飲んだので、
それを引きずりつつ、冷蔵庫の中から、コレをチョイス。

小麦ビールらしいフルーティでかつスパイシーな香り。
味も甘さがありながら、やはりコリアンダーシードのスパイシーさが効いてる。
小麦系のビールとしてはスパイシー寄りな味。
傾向としては、一宮ブルワリーのスパイシーヴァイツェンに似てる。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村


***

「オリオンクラフトシリーズ」第二弾として発売された、Ryukyu White
(琉球ホワイト)。
これが発売されたと聞いた時から、飲みたくて仕方がなかった。
しかし、今回は沖縄限定発売。
取り寄せしか無いかなと思っていたら、沖縄の物産を扱う「わしたショップ」で
取り扱っていると聞いて、先日中日ビルまで行ってみた。

20160219_171932.jpg

オリオンビールのラインナップが充実。
いちばん桜もある。

20160219_172219.jpg

アテのスナックも何となく心躍るなぁ♪
次回からは、ここも覗いてみよう。
あてなく、ブラブラしてても面白そうなショップでした。


 

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

Pizza Port Swami's IPA

Pizza Port Swamis IPA

Pizza Port Swami's IPA(ピッツァポート スワミズ IPA)

先日、一宮ブルワリーの山田さんが、「IPAが流行っているけど、
正直、カスケードホップを大量投入するビールが、それだけで
もてはやされるのは、ビールの造り手として、いかがなものかと思う」
というようなことをおっしゃっておられた。
その時は、ウンウンと頷いて聞いていたのだけれど。

強い柑橘系の香り。
ドライホッピングされたホップの主張。
強いホップの苦味に隠れているけど、かなり麦汁の甘さが残っている。
それらが、ちゃんと調和してますよ。
美味しい。
しょうがないよねぇ。
トレンドにまんまと流されようとも、こういうのが好きなんだから…。


★★★★★


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

霧島高原ビール/ボヘミアンガーネット

霧島高原ビール ボヘミアンガーネット

霧島高原ビール ボヘミアンガーネット

思わずボトルの形を見て即買した一本。
何となくエールを想像してたけど、カテゴリ的にはピルスナー。
カラメルな麦芽の香り。
泡はほとんど立たない。
泡がない分、ダイレクトにモルトの甘さが際立つ。
パブエールっぽいな。
ん?でもピルスナーだねぇ…。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

飛騨高山麦酒/ダークエール

飛騨高山麦酒 ダークエール

飛騨高山麦酒 ダークエール2

飛騨高山麦酒 ダークエール

香りはあまりしない。少しだけスパイシーな香り。
口当たりは意外とスッキリ。
色ほどには味は濃くない。
色的にローストされた麦芽を使っているのだろうけど、
それほどカラメルっぽくもない。
でも十分にコクの豊潤さはある。

関係性は一人では作れない。
ま、愚痴を言っても、凹んでも、それは勝手にしてること。



★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

飛騨高山麦酒/ヴァイツェン

飛騨高山麦酒 ヴァイツェン

飛騨高山麦酒 ヴァイツェン2

飛騨高山麦酒 ヴァイツェン

薄く濁った黄色。
ヴァイツェンらしいバナナの香り。これが上品。
ナッツの香りもする。
味は濃く、甘く、フルーティ。本当に果汁みたい。
後味も甘さ。苦さはほとんど無い。
とても良く出来たヴァイツェン。
美味しい。


★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

飛騨高山麦酒/ピルセナー

飛騨高山麦酒 ピルセナー

飛騨高山麦酒 ピルセナー2

飛騨高山麦酒 ピルセナー

こちらでは、ピルセナー、というらしい。
ホップの香りが良い。
コクもしっかり。
舌の上で炭酸が弾ける感じが強い。
口当たりはドライ。
とても上質なピルスナー。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村


テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

常陸野ネストビール/EXTRA HIGH

常陸野ネストビール EXTRA HIGH

常陸野ネストビール EXTRA HIGH

濃い色。
深い味わい。
重厚なフルーティな香りの奥にエステル香。
度数は8%。エクストラハイの名に恥じぬパンチ力。
コク深し。とてもモルティな一本。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

一宮ブルワリーの醸造責任者 山田文隆と話しながら飲もう(一宮ブルワリー・パブ三八屋)

20160220_200816.jpg

この日、やって来たのは、一宮ブルワリーのパブ三八屋。
おそらく日本で一番小さなビール醸造所、一宮ブルワリーさんの企画、
「一宮ブルワリーの醸造責任者 山田文隆と話しながら飲もう」に参加のため。

20160220_200824.jpg

一宮駅から徒歩10分弱。
ここに来るのは久しぶり。

少し早めに来てしまったので…

20160220_192136.jpg

パイントグラスでクラフトビール。
というかフードもとって、普通に飲み始める。
前に来た時は1種類しか飲めなかったけど、いつの間にか
3種類飲めるようになっている。
3人の仲間で飲み回しする。
スパイシーヴァイツェンは、コリアンダーシードが効いてて美味しかった。

20160220_2011213.jpg

山田さんの講習?が始まる。
ビールのイロハから、製造について、それに大手メーカーのビールの
特徴とその差異などなど、を説明していただく。
知ってるようではっきり知らなかったことも多く、聞いていて楽しかった。
すぐに手を上げて質問できる雰囲気もよかったなぁ。

20160220_213502.jpg
20160220_213454.jpg

4坪の醸造所も見せていただく。
他のブリュワーのように巨大なタンクは無くとも、スタッフの熱意が
この醸造所を支えている。

20160220_213434.jpg

酵母の混じった麦汁。
とても濃く甘い。いわば、ビールのもろみ。

20160220_200857.jpg

ビールに対する熱意と愛を感じることのできた一夜。
H野さん、今回はどうもありがとうございました。
三八屋には、また普通に飲みに行かせていただきますね。


にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ
にほんブログ村



続きを読む

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

休肝日明けの飲み回り


休肝日明け。
さっそく、飲み回り。
(行った店の列挙だけになりますが、ま、個人的な記録なのでご容赦を)

◆7 Days Brew

20160219_174434.jpg
20160219_174450.jpg

待ち合わせに20分ほど時間があったのをいいことに、
スタンディングのカウンターに滑りこむ。

20160219_174746.jpg

ストーンブルーイングのデリシャスIPA。
そうそう、ここのおでんが食べたいな、と思ってたのだけれど、
持ち時間的に難しい。。

20160219_174753.jpg
20160219_175659.jpg

とか何とかいいながら、1杯だけのつもりがお代わり。
志賀高原のノットソースペシャル。

Sサイズで2杯のんで、次の店へ。


◆濱松たんと 名駅柳橋店

20160219_183355.jpg

浜松餃子を食べようというのが、この日の企画だったのだけれど。

20160219_184302.jpg
20160219_185355.jpg

はい、お店の餃子全種類食べてみましたけどね。
ま、この店の餃子が、名だたる浜松餃子の全てとは思いたくはない。


◆炭火焼鳥の琴三

20160219_202800.jpg

だいぶ酔いが進んでいたせいか、ここではこの写真のみ。
串を何種類かとビールを2本飲んだと記憶。


◆むぎコメぶどう ヤシオリ

20160219_212624.jpg
20160219_212633.jpg

先週、新しく開店したヤシオリさんにも行ってみた。

20160219_212731.jpg

立ち飲みスタイルのこちら。
ビールはYのビールが生でいただける。

20160219_213110.jpg

立ち飲みだけど、落ち着いてゆっくり飲める雰囲気のお店だったなぁ。
また今度、ゆっくり行くことにしよう。

20160219_212738.jpg


◆BEER BAR Komugi

20160219_222217.jpg

で、最終的にKomugiにいた。
これは、個人的なルーチン。

20160219_224954.jpg
20160219_225627.jpg

終電まで、こちらでダラダラ。
もう、何時にここを出れば終電に乗れるかは、ボクサーの3分間のように
身についている。
時間いっぱいまで、しっかりいただきました。

金曜日から、はしゃぎ過ぎたたかな。
でも、飲めることは本当に嬉しい。


にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

ベルギービールの思い出


以下は、10年くらい前に他所に書いた記事の再掲。


***

いつごろか、市場街の中にあるその店のことが気になっていた。
大衆食堂のような、それでいてカウンターだけのうなぎの寝床のような店。
実際「○○食堂」という名前のその店は、バドワイザーの電飾の目立つ、
およそ市場で働く人御用達の「食堂」とは思えない感じの店だった。
このあたりで一番大きな街の、JR・複数の私鉄の基点となる
大きな駅のすぐ近くにその店はある。

どういう経緯でその店に入ったのか、よく覚えていない。
友人と飲み、駅へ行く途中にもう一軒、という感じだったのではないかと思う。
店内はすいていた。
適度に満腹、酔い加減だった僕らは、しかし、その店が意外な穴場だったことを知る。
和食メニュー中心の料理がどれも美味しかった。
遅めの時間だったこともあり、既に品切れのものがいくつかあったが、
その味の良さも想像できた。
店は25歳くらいの大将とその母親がやっていた。
料理はその若い大将の担当だった。
それがこだわりとも思える執着で鍋を振るっているのだった。

店内のビールケースには見慣れない瓶ビールが何種類もあった。
330ml.入りのボトル。
「きっと飲んだらビックリしますよ」
と大将がいたずらっぽく笑った。
ヒューガルテン・グランクリュ、という名前のビールをオーダーしてみた。
そして大将の言葉通りビックリしたのだった。

ビールとは思えないフルーティな口当たり。
濃厚な芳香。
決して苦くはない、程よいホップの味わい。
これがベルギービールとの出会いだった。
当時、ベルギービールを飲ませる店は無かった。
売っている店も無かった。
ヨーロッパ放浪中にその味を知った大将が無理を言って
問屋に入れさせたのだという。
それをベルギーでの作法どおり、ビールごとに決まったグラスを出し、
客に飲ませていたのだった。

「普通のビールとは発酵のさせ方が違うんですよ。上面発酵といって・・・」
得意げに大将はウンチクをたれた。
そしてそれは少しも押し付けがましくなかった。
ビールとともにその店にも酔ったのだった。
その日、何本もビールを開けた。「普通のビールよりもアルコール度は
かなり高いですよ」との大将の言葉通り、散々酔っ払ったのだった。

以来、その店には何度も通った。
店の人に顔を覚えてもらったのは、この店が初めて。
こちらが忘れられたかな、と思うほどに間が空いたときでも、
「お久しぶり」と声をかけてくれた。
そういう店だから、みだりに人を連れて行くことはしなかった。
たいてい一人で行き、ビールを味わい、料理に舌鼓を打った。
「翌日の特別な仕込みだから、本当は客には出さないつもりだったけど・・・」
というものも、こっそり出してくれたりもした。
その店が有名になってきたのはそれからしばらくしてからだった。
店に行っても満員で入れないこともしばしばだった。

あるとき、店に行くと珍しく店が閑散としていた。
大将はおらず、大将の母親が一人で店を切り盛りしていた。
聞けば、大将は身体を壊して入院しているのだという。
ビールは相変わらず、美味かった。
しかし、料理は(まさしくお袋の味、というものの・・・)、大将
とは比べるべくもなかった。
店の雰囲気は今までどおりだったが、味という重要な要素を欠いて
心なしか色あせたように感じた。
大将の入院、療養が長期に渡るにつれ、自然とその店への足は
遠のいて行った・・・。

もうしばらく・・・2年ほど行っていない。
引っ越した今となっては、その駅に行く機会もめっきり減って
しまった。
まだ店は開いているだろうか。
もし開いていれば、美味いヒューガルテン・ホワイトの生が今でも
飲めるはずだ。
しかし、・・・大将が復帰したという噂は未だ聞かない。



***

一番最初にベルギービールを飲んだのは、この店でのこと。
もう25年くらい前になる。
その頃は木屋さんもベルギービールの取り扱いをしておらず、
当時の大将がどこからベルギービールを仕入れていたのかは、
今でも個人的な謎。
当時から生で飲めた。本当に貴重な店だったと思う。

これが、なつかしい僕のビール事始め。
柳橋市場にほど近いところにその店はあった。
今はもう別の店になってしまっていて、もう面影すら無いのが寂しい。


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

休肝日の連続


久しぶりに寝込んだ。
と言っても、寝込み始めたのは、ちょうど1週間前の火曜日。

インフルエンザでは無かったものの、3日間、39度台の高熱に苦しんだ。
史上最高体温である39度5分も記録した。
一旦熱が引いてから、今度は鼻腔~喉の痛みに苦しんだ。
医者の指示どおり大人しく寝ていたのだけれど、まっすぐ上を向いて
寝ていると、詰まっているわけでもないのに、鼻で息ができない。
吸気はできても、排気ができない。
鼻腔が腫れ上がっているのだと想像できた。

簡単には抗生物質を出さない、その病院の判断を快く思っていたのだけれど、
今回はそれが後手に回った。
土曜日から抗生物質の投与となった。それも経口と点滴の2本立て。
月曜になって、ようやく仕事に復帰できた。

経口の抗生物質は木曜日まであり、抗生物質を飲んでいる限り、
酒は飲まずにいようと思っているので、金曜日までビールはお預け。
のべ11日間…こんなに長いこと休肝するのは、本当に久しぶり。

先週末は職場の旅行で高山に行くはずだったのに、それにも参加できず。
行けてれば、「飛騨高山麦酒」さんや「地ビール飛騨」さんへビール紀行する
つもりだったのになぁ。。。残念至極。

…と思ってたら、お土産で飛騨高山麦酒セットを貰ったよ!

20160216_2327512.jpg

ありがとうね、みんな。
完全復活したら、じっくり頂くね!



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

MAD RIVER STEELHEAD DOUBLE IPA

MAD RIVER STEELHEAD DOUBLE IPA

MAD RIVER STEELHEAD DOUBLE IPA2

MAD RIVER STEELHEAD DOUBLE IPA(マッドリバー・スティールヘッド・ダブルIPA)

泡立ちがすごく良い。
ホッピーな香りが期待値を高める。
口に含むと、以外にモルティ。
ダブルIPAだけあって、しっかりと苦い。
苦さのなかにモルトの甘さが垣間見える。
後味も苦さで終わる。

誰が何を言おうと、どう思おうと、好きなモノを好きな時に飲む。
誰にも文句は言わせない。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

GREAT WHITE BEER

GREAT WHITE BEER

GREAT WHITE BEER2

GREAT WHITE BEER

香りはさほど感じない。
味はまず酸味、その後でフルーティな甘さが少し見えてくる感じ。
微妙だなぁ。
決して不味くはないけど。
スッキリすぎるほどにスッキリした後味。
アメリカ製のウィートエール。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

常陸野ネストビール/ジャパニーズ・クラシック・エール

常陸野ネストビール ジャパニーズ・クラシック・エール

常陸野ネストビール ジャパニーズ・クラシック・エール2

常陸野ネストビール ジャパニーズ・クラシック・エール

モルティなエールの香り。
口に入れると、頭に木のイメージが広がる。
ラベルの説明書きになるほど、と思う。
杉桶で仕込んでるらしい。
スタイルはIPA。じっくり飲むべし、の7%の度数。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

九十九里オーシャンビール/IPA

九十九里オーシャンビール IPA

九十九里オーシャンビール IPA2

九十九里オーシャンビール IPA

香りは良い。柑橘系の香りがする。
味はまずモルトのしっかりとした甘さを感じる。
その後にIPAらしい苦さが強く広がる。
ただし、その甘さと苦さが平行。
もうちょっと調和してるといいのにな、という印象。


★★★★☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

九十九里オーシャンビール/ペールエール

九十九里オーシャンビール ペールエール

九十九里オーシャンビール ペールエール2

九十九里オーシャンビール ペールエール

ラベルが可愛い。寒菊銘醸のビール。
香りはホップというよりモルト。
なるほど、モルトで飲ませるペールエールなのだな。
苦味はさほどでなく、色のとおり濃い味だけどスッキリした味わい。


★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

Ambiorix

Ambiorix.jpg

Ambiorix2.jpg

Ambiorix(アンビオリクス)

かなり濃い色。
香りは完熟なフルーツ。杏、干しぶどうという感じかな。
味も甘くて爽やかな酸味があって、とてもフルーティ。
度数7.5%なりのアルコール感はあるけど、スッキリ飲める。
バランスがいいんだろうなぁ。これも美味しい。

ホッピーなのも美味しいと思うし、こういうのも美味いと思う。
ヴァイツェンを初め白いのも美味しいと思う。
好みに脈絡ないこと甚だしい、と自覚。
でも美味しいことが大事だよね。うん、美味しければいい。



★★★★★


にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

プロフィール

BeerLife

Author:BeerLife
自分の備忘録代わりに書いています。
ビールの味の感想は完全に独断。
好きなように書いていますので、ご覧になっても参考にならないかもしれません。

リンク
ランキング
クリックいただければ嬉しいです。m(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

最新コメント
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
AX