Leffe Radieuse(レフ ラデュース)/Brugs Tripel(ブルージュ トリプル)



ウマし。
これは3本の指に入る、と思った。
ここで、自分の指向性を思う。
ある程度のフルーティさと上面発酵らしい深みのある味。
濃すぎさも必要ないけれど、かといって普段飲みのホップの苦味の
利いた味も、優先順位は低い。

その意味で、これは旨かった。
レフはブロンドもブラウンも旨かったが、これもそれに並ぶ。
順位をつけるなら……一度に並べて飲まなくてはなるまい。
それはまたいずれ…

アサヒビールがレフを囲い込んだのは、正解と言うべきか。



トリプルとは、通常の3倍の麦芽を使っているとの意。
増量分、寝かすほどに発酵は進みアルコール度は上がる。
そして、酵母にはよるけれど、熟成によって深みとフルーティさは
増す。
これも旨かった。かなり。

口当たりのよさはビールにとっては必須だけれど、その入り口に
フルーティさがあれば、飲み口は甘美になる。
その後、口に含んだ時の深み、それと飲み終わったときの後味。
ビールの甘みはその3段階か。
どの過程も水準以上。
とても美味しくいただけた。


***



今日庭先に出ると、梅の花が咲いていた。
今日も暖かかった。
もう春のようだ……。


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BeerLife

Author:BeerLife
自分の備忘録代わりに書いています。
ビールの味の感想は完全に独断。
好きなように書いていますので、ご覧になっても参考にならないかもしれません。

リンク
ランキング
クリックいただければ嬉しいです。m(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

最新コメント
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
AX