カウンターにて


カウンターだけのお店。
というか、歩道にテーブルを出したりしてるのだけど、
この季節では厳しい。
ビニールシートのカーテンをめくって「一人だけどいい?」と声をかける。
カウンターの椅子の後ろに、ずらりと人が立ってる。
二列状態につい笑ってしまう。
詰めてもらって、カウンターの椅子に座る。
紫煙モクモクの店内。僕の後ろには綺麗に女装したお兄さんが普通に飲んでる。
そういう駅西の猥雑さが好き。

20161210_184939.jpg

カウンターで飲むのが好きだった。
今でも好き。

カウンターの中の仕事がよく見え、常連さんの会話を聞いたり、
ときにはそれに混じってみたりもして。
ほぼ例外なく、酒好きだけがいる空間として、その空気感が好き。
こういうところで飲む度に、酒好きで良かったなぁ、と思う。



少し早めの時間だったから、空いているかな、と思ったけれど、ほぼ満員。
さすが人気店。
店長のSさんが3人がけのテーブルに通してくれる。
申し訳ないな、と思ってると、すぐに空いたカウンターの席に変えてくれる。
一人で来たのは久しぶり。一番最初にこの店に来たことを思い出す。

20161210_173954.jpg

まだ3年くらい前には、ベルギービールやクラフトビールを飲ませてくれる
お店はそんなに無くて、特に僕の行きやすい、名駅近辺ではほとんど皆無。
それが、最近は「ビールなお店」も増え、そこに行く度に、何となく顔見知りも
増えていく。
なにせビール好きこそ、「ビールな店」のヘビーローテーションになるもんね。

20161210_181604.jpg

仲間ができてくれば、自然とテーブルで飲む機会も増える。
それは十分に楽しい時間。飲むという価値観を、無条件で共有できる。
飲む度に、得がたい友と思う。
ただし、そのお陰でカウンターでの気楽な一人飲みの時間が減る。


20161210_192005.jpg

何度、このドアをくぐったことか。
たいてい、最後に行く店。
この店から終電に駆け込むことが多い。
この日は早かったこともあって、一番最初のお客さんだったけれど、
程なく、席はほぼ埋まった。

美味しいビールと居心地のいいカウンター。
開店から3年経っていないお店だけど、もはや最も思い出深いお店かもしれない。

20161210_195938.jpg

時には一人、カウンターで飲みたい。
隣の愉快な会話に聞き耳をたてたり、時にはそこに参加したり。
会話がなくても、濃いビール飲みながら、読みかけの小説を開いたり。
カウンターの中をからかい、時にはからかわれたり。
それら、一人だからこその、ささやかな自由な時間。


20161210_111624.jpg

一人旅の感覚に似てるかな。
ささやかだけど、捨てがたい時間。



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BeerLife

Author:BeerLife
自分の備忘録代わりに書いています。
ビールの味の感想は完全に独断。
好きなように書いていますので、ご覧になっても参考にならないかもしれません。

リンク
ランキング
クリックいただければ嬉しいです。m(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

にほんブログ村 酒ブログ 中部飲み歩きへ

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

最新コメント
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
AX